麻布十番歯科オーラルケア スペシャリストたち

スタッフブログ

当院のセラミックの色合わせについて★★★

 

こんにちは!!

麻布十番歯科オーラルケアです。

9月に入り、台風が多いですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

千葉の方では、先日の台風15号の影響で、停電が続いているとのことで、とても心配ですよね。

 

前歯をセラミックにしたのですが、装着した色が気に入らないという相談を、耳にすることがよくあります。

ということで、今回はセラミックの色合わせについて、お話ししたいと思います。

実際、歯の色の判定は、シェードガイド(歯の色の見本)を使って目視で行っていることが多く、そのような場合は、微妙な色判定には時間がかかりますし、歯科医師のセンスが問われることが多いです。

 当院では、補綴物(被せ物、差し歯)製作のための技工指示書に記載する際、歯科医院と技工所の間で正しい色情報を伝達するのが難しいなどの問題を解消するため、歯の色の判定の際には、7バンドLED光源を用いたクリスタルアイを取り入れております。

 一般的な3バンド(RGB)方式を超える色差認識能力をデータ分析でき、微妙な色判定へのサポートが可能になりました。

RGB表示装置では三角形となり人間の眼が知覚できる色域の一部しか表示できないため、彩度の高い色を再現することが不可能なのですが、多原色表示を利用することで表示装置の色域を多角形とし、人間の眼が知覚できる色域に近づけることが可能となっています。

 なので、当院では、自信をもって、患者さんの満足度の非常に高いセラミックをご提供することが可能です。

また、ホワイトニングをしてから、その色に合わせたセラミックを入れることで、ご自分の現在の歯よりもさらに白い歯を入れることが出来るので、おススメです!

 

詳しくは当院のスタッフにお尋ねくださいませ!!