麻布十番歯科オーラルケア 6人のスペシャリストたち

スタッフブログ

麻布十番歯科オーラルケア 特訓会!!

こんにちは♪

10月9日(祝)の医療法人社団悠和会の白いつめもの治療勉強会・実習について、お話しさせていただきます。

当法人の歯科医師は、患者さまに常に最先端の高度な技術を提供できるように、定期的に勉強会・実習を開催しております。

実習ではまさに特訓に近い厳しい実地指導を行います。

 

今回は、『白いつめもの博士』で、『さよなら銀歯』をモットーにしした審美歯科治療を担当する、保坂啓一先生が講師を務めてくださいました。

 

『白いつめもの外来』は、まず歯の虫歯菌の部分だけを顕微鏡やルーペなどで選択的に除去をします。この際に痛むところはほぼ削りません。痛みを感じるところは菌が存在しないからです(無痛治療)。また、麻酔をする治療(除痛治療)時においても、最低限のみ削る最小侵襲療法を行います。

 

白い詰め物を接着させる接着剤の接着力は最大限に引き出され、理論上は外れることがございません。 また詰め物には段差・隙間がほぼないことを特徴とし、さらには、正確な色調整で美しい白さを実現することが可能としたすばらしい治療です。

また、虫歯治療だけでなく、歯の整形、歯並び治療のために使うなど可能性が広がりつつあるとのことです。

 

但し、高度な技術を必要とする術者依存性の高い治療です。我々麻布十番歯科オーラルケアの歯科医師は、この白い詰め物治療の精度を一人一人が更に上げる為に研鑽を積んでおります。

 

私たちはエビデンスに基づいた先進的歯科治療を提供し続けるために、歯科医師全員で日々精進していきたいと考えております。

白いつめもの外来については、ホームページにて詳しく掲載しておりますので、是非ご参考にして下さい!