麻布十番歯科オーラルケア 6人のスペシャリストたち

スタッフブログ

ファイバーポスト VS 金属ポスト★★★

 
こんにちは、麻布十番歯科オーラルケア木・金勤務の金承建です。
今日は根の治療を終えた後の土台についてお話させていただきます。
ファイバーポストとは根の治療を終えた後になくなった歯の部分を補うため立てる土台に使う心棒の一種で、
主に金属を使用しないメタルフリーの審美歯科を中心に用いられています。
ファイバーポストのメリットとして、土台の見た目が白いため、透明度の高い白い被せ物を装着した際、
審美的にきれいに見えることがあります。
それ以上に大きなメリットとしては、ファイバーポストはたわんでくれるというところです。
歯というものは強い力が加わると、少したわむことにより力を逃がすことで自身が割れることを防いでいます。
ファイバーポストは歯とともにたたわむことができるので、歯にとてもやさしい材料なのです。
それに対し、金属を使用する金属ポストは強度こそ高いですが、たわみがほとんどないため、力が加わるとてこの原理で
歯を縦に真っ二つに割ってしまうことがあります(垂直的歯根破折)。
垂直的に歯が割れてしまうと歯を保存するのは困難になってしまうため長く問題となっていました。
また、金属を使用するため、イオンが溶け出し歯茎に沈着し、歯茎が黒っぽく見えることもあります。
たわむレベルを超える強い衝撃で力が加わった場合でも、ファイバーポストの場合は土台の部分で水平的に割れてくれるため、
歯の根に致命的なダメージを与える可能性は低くなっております。
審美的な見た目だけでなく、土台である歯自体を長く守っていくためにも当院ではファイバーポストをお勧めしております。